Icon Open Menu Icon Close Menu
Image

ブログ

長岡京市のリフォームのご依頼は【住マイル共感らいふ】へ

2019.06.10

へ~家計や家族に優しいエコリフォームも対応可能~

リフォームをする理由の1つに「より快適で暮らしやすい住環境に変えたい」というのがあります。 そのような場合は、快適な暮らしの中でも、環境と人に対しての優しさを追求した「エコリフォーム」を オススメします。

エコリフォームとは、節水・節電など、お住まいの「省エネ性能」を高めるリフォームのことで、中でも 夏の暑さ・冬の寒さを緩和する、断熱リフォームが、高い人気を集めています。

エコリフォームのメリット

エコリフォームには、暮らしを快適にする以外にもメリットがあります。

1つ目は「光熱費の削減」です。 断熱材や省エネ資材を用いることで、夏は涼しく・冬は暖かい快適な住宅を実現し、エコリフォームによ って、省エネ住宅にすることで、暖房や冷房にかかる光熱費も削減できます。 エコリフォームには費用がかかるものの、長い目で見るとお得で地球環境にも優しい住宅になります。

2つ目は「シックハウス症候群の対策」です。 シックハウス症候群とは、室内での空気汚染によって起きる目や喉の痛み、頭痛、吐き気、めまいなどの 健康障害のことです。 シックハウス症候群は揮発性化学物質やダニアレルゲンなどが原因で起きると言われていますが、エコリフォームでは自然素材や環境や人に優しい素材を使用するため、シックハウス症候群への対策になり ます。

よって、エコリフォームは地球にも、家族にも優しいリフォームといわれています。

断熱リフォームには、どのような種類があるか見ていきましょう。

窓の断熱リフォーム

窓は熱の出入りが最も多い場所です。夏場は室内の熱の約 70%が窓から流入し、冬場は約 50%が窓から 放出されています。 断熱シートを窓に貼る、断熱ガラスや二重窓を設置するなど、ご予算やライフスタイルに合わせてお選 び頂けます。

屋根・天井の断熱リフォーム

直射日光を浴びる屋根、屋根から熱が伝わる天井は、夏場になるとお部屋の温度を大きく上昇させます。 そこでオススメなのが、屋根・天井の断熱リフォームです。 断熱材・遮熱材を屋根・天井裏に設置することで、日射による熱の侵入を抑え、室内温度の上昇を防ぎま す。

床の断熱リフォーム

室内空間を快適に保つために、必要なのは“暑さ対策”だけではありません。冬になると床が冷たくて、 足腰が冷える、暖房をつけても部屋全体が暖まりにくい…。 こんなお悩みを持っているなら、床に断熱材を入れてみてはいかがでしょうか? 断熱材の効果で、床下から冷気が上がってくるのを防ぐことができ、冬場の暖房代も節約できます。

エコリフォームでワンランク上の生活を

エコリフォームは、私たちの暮らしに必要なエネルギーを自宅で作ることもできます。 例えば、太陽エネルギーを利用して発電する「太陽光発電」やガスから発電する「燃料電池」があります。 さらに、太陽光発電と燃料電池を組み合わせて使う「ダブル発電」などもあります。 このような自然エネルギーは、使用時に CO2 を排出しないため、環境に優しい暮らしにつながっていま す。

日本の住宅は、気温に大変左右されやすく、「部屋ごとの温度差が大きい」、「暖房をつけてもなかなか部 屋が暖まらない」といったお悩みを抱える住宅も多数あります。 エコリフォームで一年を通して快適な室内環境を維持することで、ストレスの無い豊かな暮らしの創造 へとつながります。